投資の資金!!

起業に必要な資金について


起業をするためにはもちろん資金が必要となります。どれくらいが必要になるのかというと、これは業務の形態によっても異なっていますし、経営スタイルによっても異なっていると言えるでしょう。
最低限の費用で起業したいというのであれば、資金としては30万円かr50万円くらいで何とかなります。会社法が改正されたことによって資本金規制がなくなりました。資本金規制がなくなったと言うことは、つまりは資本金は1円でも良いと言うことになったのです。
資本金が1円でも良かったとしても、手続きをするためには税金や手数料など色々なものがかかります。これらの費用がだいたい30万円くらいですから、法的に会社を設立するという意味の起業であれば、これくらいの金額があれば良いわけです。ただ法人格を取得したいという人の場合には、このような手段を用いるのも良い方法だと言えるでしょう。
ただ、現実的には資本金1円では色々と問題が生じます。もちろんですが、1円で経営を開始することは難しいでしょう。当面の経営をどのように続けていくのかという課題が生じます。これは当然のことなのですが、それ以外にも色々な不具合が生じるのです。
例えば、取引先を選ぶときには、その会社の謄本くらいは調べるでしょう。このときに、資本金が1円の会社であれば、どのようなイメージを受けるでしょうか。やはり、少し怪しいと感じる事も多いでしょう。もしかすると詐欺ではないかと感じる人もいるのではないでしょうか。このように、資本金が小さすぎると社会的に信用されないという事にもつながりかねないのです。
信用されないと、例えば銀行口座を開設する事ができない場合もあります。金融機関はこのあたりはシビアで、詐欺に使われないようにするために審査を厳しくしているという傾向がありますから、この点で問題が生じることもあるのです。
ですから、資本金はやはりある程度の金額を準備しておくことが必要となってくるのですが、そのためにはどうすれば良いのかというと、やはり数百万円というのが妥当なラインでしょう。会社法が改正される前には、有限会社という制度があったのですが、そのときには最低の資本金が300万円となっていました。起業するときの資本金は、100万円から300万円くらいは最低でも必要だと考えておくのが良いです。これに色々な費用を加えた金額が、起業をするために必要な最低限の資金だと言えるでしょう。

Copyright© 2014独立して起業するメリット All Rights Reserved.