FXでの投資

移動平均線でFXの投資を行う


FXの取り引きではテクニカル指標を用いると効果的な場合が多いです。分析方法としてはファンダメンタルズ分析を行う事もできるのですが、これはどちらかというと長期的な投資に適したものだと言えるでしょう。短期売買をするときにはあまり適したものではないという点に注意する必要があります。
特に、為替レートのファンダメンタルズは不連続に変化するという傾向があります。基本的には金利を元にして分析を行う事になるのですが、この金利は市場によって形成される部分もありますが、最近では政府や中央銀行の政策によって変わるという傾向があります。利上げが発表されたり、あるいは利下げが発表されたりすれば、その時点で相場が大きく変わるのです。ですから、連続的な分析は難しいと考えられ、短期売買には適していません。
FXは、レバレッジをかけて投資を行う商品ですから、長期投資には適していないと言えるでしょう。ですから、どちらかというとファンダメンタルズ分析は難しく、テクニカル分析が中心となります。テクニカル分析にもいくつかの方法があるのですが、もっとも基本的なものがトレンド分析です。トレンドに沿ったポジションをもって取り引きする方法をトレンドフォローと呼ぶのですが、基本的ではありながらも、もっともパフォーマンスの高いものだと考えられています。為替への投資では絶対に必要なものだと言えるでしょう。
トレンドを分析するための方法は色々あるのですが、移動平均線を用いるのが基本です。長期、短期の移動平均線を用いればトレンドがすぐに分かります。上から順にローソク足、短期移動平均線、長期移動平均線の順に並べば上昇トレンド、逆の順に並べば下降トレンドと判断する事ができます。見た目ですぐ分かるという点では優れていると言えるでしょう。
移動平均線を用いればトレンドの転換を知ることができます。長期の移動平均線を、短期の移動平均線が下から上に抜けたときには上昇トレンドへの転換と判断する事ができます。ですから、二つの移動平均線を見るだけで、ある程度のトレンドの予測をすることは可能なのです。
移動平均線というと、最初からチャートに表示されている事も多いですから、自然に目に入ってくるものだと言えるでしょう。それだけにあまり活用しない人もいるようですが、基本的なものでありながらも使い方はたくさんあります。特に、トレンドフォローのためにはもっとも重要なテクニカル指標だと考えられるのです。

Copyright© 2014独立して起業するメリット All Rights Reserved.